Windows Server 2016 を PowerShell で日本語化する

2019年2月25日

Windows Server 2016 の日本語化

クラウドで Windows Server を利用しようとすると、英語版となっていることがあります。言語パックを利用することで日本語化できます。インストールやOSの設定は、画面上でもできますが、PowerShellで設定する事で自動化させていくことも可能です。

実行方法

OSが起動したら、Windowsボタンを右クリックし「Run」をクリックします。

powershell と入力し、OKをクリックします。

下記のコマンドを実行します。

$LpUrl = "http://download.windowsupdate.com/c/msdownload/update/software/updt/2016/09/"
$LpFile = "lp_9a666295ebc1052c4c5ffbfa18368dfddebcd69a.cab"
$LpTemp = "C:\LpTemp.cab"
Set-WinUserLanguageList -LanguageList ja-JP,en-US -Force
Start-BitsTransfer -Source $LpUrl$LpFile -Destination $LpTemp -Priority High
Add-WindowsPackage -PackagePath $LpTemp -Online
Set-WinDefaultInputMethodOverride -InputTip "0411:00000411"
Set-WinLanguageBarOption -UseLegacySwitchMode -UseLegacyLanguageBar
Remove-Item $LpTemp -Force
Restart-Computer

再起動が終わったら、PowerShellを起動して下記のコマンドを実行します。

Set-WinCultureFromLanguageListOptOut -OptOut $False
Set-WinHomeLocation -GeoId 0x7A
Set-WinSystemLocale -SystemLocale ja-JP
Set-TimeZone -Id "Tokyo Standard Time"
Restart-Computer

スクリプト解説

ユーザの言語設定を日本語にします

Set-WinUserLanguageList -LanguageList ja-JP,en-US -Force

ファイルをダウンロードします

Start-BitsTransfer -Source $LpUrl$LpFile -Destination $LpTemp -Priority High

インストールします

Add-WindowsPackage -PackagePath $LpTemp -Online

入力言語を日本語で上書きします(英語は0409:00000409)

Set-WinDefaultInputMethodOverride -InputTip "0411:00000411"

ファイルを削除します

Remove-Item $LpTemp -Force

再起動します

Restart-Computer

UI言語を日本語で上書きします

Set-WinUILanguageOverride -Language ja-JP

日付・時刻・数値の形式をWindowsの表示言語と一致させる

Set-WinCultureFromLanguageListOptOut -OptOut $False

場所を日本へ設定

Set-WinHomeLocation -GeoId 0x7A

システムロケールを日本語(日本)へ設定

Set-WinSystemLocale -SystemLocale ja-JP

タイムゾーン

Set-TimeZone -Id “Tokyo Standard Time”

再起動

Restart-Computer