ngrok – ローカル環境へインターネットからアクセスできるサービス

ローカル環境へインターネットからアクセス

ローカルPCで開発しているアプリをインターネットからアクセスさせたい、Facebook・Twitter・GoogleなどのSNS認証のリダイレクト先を自身のPCにしたい。そんな、インターネットからローカル環境へアクセスさせることができるサービスが「ngrok」です。

最近はSSLが必須となっており、ローカルPCでSSL環境をつくるのが面倒な時にも要求を満たしてくれます。

ngrok

https://ngrok.com

メリット

  • ローカルで開発しているアプリケーション(Web以外も可)をインターネットからアクセスできるようになる
  • SSLも提供されているのでhttpsでアクセスしなければいけない外部サービスとの連携ができる
  • サブドメイン名を固定することもできる(有料)
  • サーバの場所も指定可

デメリット

  • 海外のサービスであり、海外を経由してアクセスしてくるため200~300msのロスがあります。なるべく近いリージョンを利用しましょう。

使い方

ngrok.com のサイトからプログラムをダウンロードし、解凍します。
ログインすると、Tokenを確認することができますのでコピーし、Auth Token を登録します。

ngrok authtoken 

ngrokの起動は簡単、ポート番号を指定して起動すれば完了です。

ngrok http 80

インターネットからアクセスできるようになります。

上記に表示されているWeb Interfaceの画面を開くと、アクセス履歴などが残っています。

オプション

リージョン(-region)

サーバの場所を指定することができます

  • us – United States (Ohio)
  • eu – Europe (Frankfurt)
  • ap – Asia/Pacific (Singapore)
  • au – Australia (Sydney)
ngrok -region ap 8080

サブドメイン(-hostname)※有料

サブドメインを指定することもできます。

ngrok http -hostname=subdomain.ap.ngrok.io --region ap 8080

プラン

無料のプランと、有料の3プラン($5・$10・$15/月)があります。

  • Basic($5/月)
    • 固定サブドメイン(3つまで)の取得
  • Pro($10/月、$99/年)
    • 2つまで同時にngrokの起動が可能
  • Business($15/月、$144/年)
    • IPアドレス制限

https://ngrok.com/pricing